サブウーファーのテスト

ステレオハイファイアンプヤマハA-S1000

フローティング平衡電力増幅器の一つであります ヤマハA-S1000. ここでは、アンプとを持っています 3 並列ボリュームとトーンコントロール, 4 プリアンプ用のパワーアンプとシャント型ローカルレギュレータの大容量電源. このアンプの電源があります DIN標準電源 (4 オーム, 1kHzの, 0,7%THD) 以下のために 160 における + 160 における, そして 標準電源RMS (8 オーム, 20-20.000ヘルツ) 以下のために 90 における + 90 における, そして 消費電力 あります 350 における.

yamaha_a-s1000_black-S1000 また、持っています, 低インピーダンス駆動のための離散的なヘッドフォンアンプ, 特別に設計された足と対称構造. 同様に色のシルバーで利用可能です, シュワルツと黒, 寸法を有し (幅x高さx奥行き) 435 バツ 137 バツ 465 ミリ, の重量 22 kgであり、リモート・コントロール・ユニット. その他のアクセサリー使用可能な電池とオーナーマニュアルです.

画像 375このアンプとしてのためのいくつかの他の技術データや機器の特性 CD / DVD直接増幅回路, フォノ入力 MMと + MC, 信号対雑音比 (CD) CDは=です 98 デシベル / Fonomm = 93デシベル / Fonoms = 85デシベル, アナログオーディオ (IN- /出力) ととも​​に 5 / 2, スピーカーセレクター Aについて, B, + B, リニアダンピング, 減衰係数 (8 オーム, 20-20.000 ヘルツ) それは 160, 周波数応答であります 5 ヘルツ – 100 kHzの +0/-3デシベル, PRE OUT, 金メッキ端子, そして の全高調波Distorsion 0,01 %.画像 015

コメントを残します

1 コメント